写真ぱしゃっ

写真ぱしゃっ

記念写真の撮り方も多様化している

まだカメラが庶民のものではなかった頃は、記念写真といえば街の写真屋さんで撮るのが一般的でした。コストもかかりますから、何かの記念の時に家族全員で撮るというケースが多かったようです。その後、カメラが庶民のものになり、デジタルカメラが普及し、さらに携帯電話やスマホに搭載されるカメラの機能がアップするにつれて、記念写真の撮り方も多様化してきました。もちろん、写真館で写真を撮るという形態は生き残っています。やはり専用の設備の中でプロが撮ってくれる写真は一味違います。そういったものを求める場合には写真屋さんに行くでしょうし、ブライダル写真などの場合は、結婚式のパッケージに入っているためプロの写真を利用することも多いでしょう。しかし、個人個人が性能の良いカメラを手軽に手にすることができるようになったおかげで、撮りたい時にいつでも記念写真が撮れるようになりました。例えば成人式の時など、若者が自分撮り用の棒を持ち歩き、友人といっしょに自分を入れて写真をとるようになりましたし、結婚披露宴やその他のパーティーなどでも、参加者全員がカメラマンになって写真を撮っています。デジタル化のおかげで現像の手間も不要になり、ネットの普及でその写真も手軽にできる時代になったのです。

思い出を残す記念写真

普段の何気ない日常から、入学式や、卒業式、結婚式など特別な日の思い出を残すための写真を記念写真といいます。写真を撮っている瞬間は、1枚の写真にすぎませんが、写真を現像して、手元に届いたころには、思い出の写真へとなっているのです。さらに、5年、10年もたてば、懐かしい思い出へと変わり、写真を見るだけで、思い出話に花が咲くことでしょう。とくに、子ども成長を残した写真は、大人になっていく姿をしみじみと感じることができ、写真を子どもに見せることにより、過去の成長を伝えていくことが出来ます。いまでは、記念写真を、手持ちのカメラで撮れるだけでなく、写真館で撮ってもらえます。例えば、子どもの場合、初節句や、誕生日などの日の写真を撮りたいとき、写真館で衣装を貸してもらえたり、イベントに合わせた小物まで借りる事ができます。自分では、なかなか撮ることのできない凝った作品に仕上がるため、とてもいい記念になります。毎日同じような日々でも、写真に残すことによって、数年後には、特別な一日へとなっています。何気ない日常を、特別な出来事を大切な人と記念に1枚撮って見て下さい。きっといい思い出になりますし、将来の宝物になります。

Valuable information

シルバーのトイプードルブリーダーなら

iPhone 充電ケーブル 長さ

Last update:2017/12/14

『記念写真』最新ツイート

宮間
(@miyamaoh)

クリステンソン笑ってないな。記念写真の表紙も硬いわぁw とても悔しそうである。

38秒前 - 2017年12月18日


明治大正昭和の古写真bot
(@oldpics_bot)

時代:大正13年1月1日 場所:中国と思われる 内容:記念写真 備考:写真裏に日付の書き込みあり 出所:池田満次郎海軍軍医少佐の遺品から https://t.co/PlFxlEHMJZ

3分前 - 2017年12月18日


SoYoKaZe Stream
(@SoYoKaZeStream)

ラブライブ! 絢瀬絵里、東條希と記念撮影!? ラブライバーが写真を撮る合図は「はい!にこにー!」 ⇒ https://t.co/GFODDOIAPG

4分前 - 2017年12月18日


▲ページ先頭へ▲